ethizo

落書き

トトリのアトリエ、キャラの魅力だけじゃない探索・調合RPG

 昨日18時間も本作をプレイし、今日2時間プレイして、合計20時間ほどでエンディングに辿り着いた。前作のロロナのアトリエについては、キャラが魅力的だがあまり面白くないと書いたが、本作はかなり面白かった。前作と比べてマップが広がったことによる探索の面白さ、また異様に大味だった戦闘バランスが全うになっており、武器や防具、装飾品の調合の意義が増している。前作では本編は異様に簡単でありながら、裏ステージで突然強い敵が出てきて驚いたのだが、本作は強い敵も本編の延長線上にある上手い調整がなされていたと思う。本作をプレイしながら大昔にプレイした「Ruina 廃都の物語」というフリーゲームを思い出した。探索の妙味などが似ていると思う。アトリエシリーズをこれまで侮っていたが、トトリのアトリエについては一つのゲーム作品として立派に評価できるものだと思う。